スペインや中南米のことなら



南米の音楽、いわゆるラテン音楽やフォルクローレに魅せられて、スペインや中南米に興味を持ちました。大学では、第二外国語をスペイン語をとり、社会人となって初めてスペインやメキシコへ行きました。

家の近所の神社の山で、何か懐かしい音に魅かれその場所へ行くと、ケーナをグループがそこにいたのです。ご縁があって、そのグループに入り、ケーナと言う楽器とその魅力に取りつかれました。


今では、ケーナのグループから離れてしまいましたが、たまにではありますが、ケーナの練習を行っています。

社会人の初めが旅行会社の社員。入社から6年間は、ほぼ国内営業で日本全国通津浦々まで行きました。7年目で、初めてグアムへ行く団体の契約が取れ、グアムへ行きました。






それから、会社がヨーロッパ旅行の募集を始め、添乗員は社員と考え白羽の矢が私のところに。外大出身ということで、ちょくちょくヨーロッパ添乗へ行きました。

そうするうちに、会社がイギリス留学の話が舞い込みました。もちろん、すぐに受け、翌年の夏に約3ヶ月間英語留学をしました。その時の話も折に触れ、書いて行こうかなあと思います。

イギリス留学から帰国し、転勤があり、初めての営業所で営業を始めました。

人のやっていない団体を狙おうと考え、市内の大学、短大、専門学校へローラー作戦を開始しました。運よく、2グループ契約し、向こう3年間契約をいただきました。その実績が認められ、海外旅行専門の営業所へ配置転換となりました。

配置転換してからは、毎月のように海外へ。目まぐるしい数年間をその営業所で過ごしました。24か国へ仕事で出かけたことになります。

様々な国に仕事で出かけるということで、多言語に挑戦しました。英語のほか、スペイン語、中国語、ハングル語。